業務案内

就業規則・給与規定

経営理念・ビジョンからスタートする会社のルール『経営者と社員の事業を通じた夢』を実現化するための就業規則。

会社経営において、経営者の夢であり目標は、同一ではありません。そのため、経営者の夢を実現するためのツールでもある“就業規則”も、その企業ごとに変えなければならないのです。
就業規則の作成にあたって大切なのは、経営者の考えや重視する価値観を反映させること。社員と考えを共有できるようになるとともに、経営者の考えを理解した社員は、主体的に貴社の事業の発展に貢献するようになります。また、会社の人事・労務管理が円滑に行われるだけでなく、業務の効率化も図ることができ、結果的には会社の収益力アップにもつながっていきます。

社会保険労務士法人マッチアップでは、企業様と打ち合わせを繰り返し実施しながら、企業様ごとの就業実態に則した柔軟な就業規則の作成を行っております。
会社経営の安定した運営を持続させ、労使トラブルを未然に防ぐためにも、貴社の就業規則において、下記のような不安やお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

こんなことでお困りではありませんか?
  • 労務問題が発生した際、今の就業規則で回避できるのか。
  • 労基署の調査で不備を指摘され、是正勧告を受けた。
  • 従業員から賃金や休暇のことで問い合わせがあったが、個別対応で定めてきていたため統一したルールがなく答えられなかった。
  • 雇用延長、有期労働契約等の法律改正が続いているが、どう対処していいか分からない。
  • 契約社員、パートタイマー、嘱託社員、アルバイト等、様々な雇用形態の従業員がおり、対応に苦慮している。
「会社を守る」、「リスクを回避する」ための就業規則を。

こうしたご相談に対し、当事務所ではまず、貴社の就業規則を分析し、「関係法令に適合しているか」「労使トラブルの発生リスクはあるか」等を診断。その上で、診断結果をもとに、「どのように直せば良いのか」「どのような点を補足すれば良いのか」をご提案してまいります。

就業規則に関しては、「届出義務があるから仕方なく」や「体裁のために作ったけど運用はしていない」という会社も多いように感じます。
「時代の変化や労働条件に合わせて変更している」「社員との労働契約と位置づけている」等、会社で働くためのルールとして、就業規則を経営に活用している企業は、まだまだ少ないのではないでしょうか。

ルール作成における留意点
  • 起業家や経営者の理念や重視する価値観を反映する。起業家や経営者の理念や重視する価値観を反映する。
  • 服務規律等任意記載事項の作り込みが勝負。会社の基本ル-ル、事業主の方針及び行動基準を示す。服務規律等任意記載事項の作り込みが勝負。会社の基本ル-ル、事業主の方針及び行動基準を示す。
  • 職場のリスクを事前に把握し対策を立てる。残業代請求、メンタルヘルス対応、セクハラ・パワハラ防止、問題社員対策、非正規社員は必須。職場のリスクを事前に把握し対策を立てる。残業代請求、メンタルヘルス対応、セクハラ・パワハラ防止、問題社員対策、非正規社員は必須。
  • 就業規則は禁止事項の羅列になりやすい。それ故、行動を引き出すためのポジティブリスト「仕事の虎の巻」は必須。就業規則は禁止事項の羅列になりやすい。それ故、行動を引き出すためのポジティブリスト「仕事の虎の巻」は必須。
  • 就業規則は周知が命、職場のルールとして実務に定着させる。就業規則は周知が命、職場のルールとして実務に定着させる。
  • 経営理念や現場に合わないルールは速やかに改定する。経営理念や現場に合わないルールは速やかに改定する。
  • 労働政策のトレンドを捉え、助成金に反映する。労働政策のトレンドを捉え、助成金に反映する。
就業規則策定フロー
就業規則策定フロー

中小企業の人事・労務について無料相談受付中!TEL 092-626-8147 電話受付時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせはこちら

中小企業の人事・労務について無料相談受付中!TEL 092-626-8147 電話受付時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせはこちら
pagetop