業務案内

社会保険・労働保険事務手続き

煩雑な手続きを効率良く進めたいとお考えの企業様やご担当者様を、当事務所はしっかりとサポートいたします。

社会保険・労働保険手続きには煩雑なものが多く、申請の内容によっては添付書類や確認書類も用意しなければいけません。また、社会保険・労働保険に関する業務内容も広範囲にわたります。本業と兼任している場合、不慣れな業務に時間を取られ、本来の業務に専念することが困難となっているケースが多く見受けられます。

当事務所では、お客様の置かれている状況をしっかりとヒアリングした上で、最適なアウトソーシングサービスをご提案することが可能です。
社会保険・労働保険手続きに関することでお困りの企業様や経営者の方は、社会保険労務士法人マッチアップにぜひご相談ください。

こんなことでお困りではありませんか?
  • 社内人材の専門知識の習得が困難な上、社員を教育しても辞めてしまう。
  • 専門知識の不足から企業に有利な制度や助成金等をうまく活用できなかった。
  • 諸手続きのミスから発生する無駄な経費に悩んでいる。
  • 総務部門の効率化やアウトソーシングを手伝って欲しい。
  • 固定的経費(人件費)を削減したい。
  • 社会保険(健康保険・厚生年金保険)
  • 労働保険(労災保険・雇用保険)

社会保険(健康保険・厚生年金保険)

社会保険(健康保険・厚生年金保険)

社会保険とは、健康保険と厚生年金保険の総称です。
入社時及び退社時の手続きだけでなく、被保険者の結婚・離婚、扶養家族の増減や住所の変更、給与額の増減、出産・負傷・疾病・休職・年金・死亡といった時にも手続きが発生します。法人であれば業種・労働者数・規模等を問わず、社会保険に加入しなければいけません。
当事務所では、届出作成から提出までの手続きを代行いたします。さらに、法改正に対応した保険料率処理ができるようご案内いたします。

主な社会保険業務
  • 1. 社員が入社した・退社した際の、社会保険の加入・喪失手続き(資格取得届、資格喪失届等)
  • 2. 業務外で発生したケガを含め、社員の病気やケガ等で休養した場合の治療費や、給与補償の届出手続き(傷病手当金請求・療養費請求・高額療養費請求等)
  • 3. 社員の出産・育児による休業期間の給与補償・分娩費等の給付手続き(出産手当金請求、出産育児一時金請求、育児休業保険料免除申出書等)
  • 4. 社員の名前や住所が変更になった際の手続き(氏名変更(訂正)届、住所変更届等)
  • 5. 社員の扶養家族が増減した場合の加入・喪失・変更の手続き(被扶養者(異動)届)
  • 6. 社員である被保険者が死亡した場合の手続き(資格喪失届、埋葬料(費)請求等)
  • 7. 事業所における様々な変更手続き(事業所の名称・所在地、代表者及び代表者の住所変更、代理人変更等)
  • 8. 年金手帳を失くした、または複数冊存在していた場合(基礎年金番号重複取消届、年金手帳再交付申請)
  • 9. 社員の扶養家族が何らかの理由で住所を別にし、遠く離れた場所に住んでいる場合(遠隔地被保険者証交付申請)
  • 10. 上記の遠隔地証を紛失してしまった場合(遠隔地証再交付)
  • 11. 健康保険証を紛失してしまった場合(健康保険証再交付申請(喪失時の場合は、滅失届・回収不能届))
  • 12. 社員である被保険者の賃金が増額または減額になった場合(月額算定届、月額変更届)
  • 13. 社員である被保険者に賞与を支払った場合(賞与等支払届)

労働保険(労災保険・雇用保険)

労働保険(労災保険・雇用保険)

労働保険とは、労災保険と雇用保険の総称です。
経営者は、アルバイトやパート等も含めた従業員を1人でも雇用すると、労働保険に加入しなければなりません。

「労働保険に加入していなかったため、さかのぼって保険料や追徴金を徴収された」等ということのないよう、労働保険に関する複雑な手続きに関しても、ぜひ当事務所におまかせください。

主な労働保険業務
  • 1. 社員が入社した・退社した際の、雇用保険の加入・喪失手続き(資格取得届、資格喪失届、離職票)
  • 2. 業務外で発生したケガを含め、社員の病気やケガ等で休養した場合の治療費や、給与補償の届出手続き(療養費給付・休業補償給付、第三者行為等)
  • 3. 社員の出産・育児による休業期間の給与補償・復帰等の給付の手続き(育児休業給付申請等)
  • 4. 社員の名前が変更になった際の手続き(氏名変更・訂正等)
  • 5. 社員である被保険者が死亡した場合の手続き(資格喪失届)
  • 6. 事業所における様々な変更手続き(名称・所在地変更、代表者変更等)
  • 7. 雇用保険被保険者証を紛失した、あるいは2枚以上存在していた場合(重複取消、雇用保険者証再交付)
  • 8. 離職票の内容に誤りがある場合(離職内容補正願、理由書)
  • 9. 社員である被保険者が、満60歳になった場合(60歳到達時賃金登録等)
  • 10. 社員である被保険者が、育児・介護のために休業した時の給与補償(育児休業給付、介護休業給付等)

社会保険業務・労働保険業務をアウトソーシングするメリット

1. 専門知識
法律の改正は頻繁に行われております。社会保険・労働保険の専門家である社会保険労務士であれば、関連法律の改正が決定したときにも施行される前の段階から対応。貴社に必要なアドバイスを行います。
2. コストダウン
担当の従業員の退職で考えられるのは、なかなか後任が決まらない場合や、仮に担当者が決まっても業務の引き継ぎが発生する場合等のリスクです。こうしたデメリットを、社会保険労務士に委託していただくことによって解消でき、コストダウンが図れます。
3. セキュリティ
当事務所では、貴社の大切なデータを社会保険労務士事務所のパソコンではなく、強固なセキュリティ対策が講じられたデータセンターで管理しております。社会保険労務士に外部委託していただくことで、従業員の皆様の様々なデータを厳重に管理することが可能です。

中小企業の人事・労務について無料相談受付中!TEL 092-626-8147 電話受付時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせはこちら

中小企業の人事・労務について無料相談受付中!TEL 092-626-8147 電話受付時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせはこちら
pagetop