経営労務診断

人事・労務管理の専門家である、社会保険労務士だけが提供可能な「経営労務診断サービス」。

昨今、企業における人事・労務管理問題は、経営環境の変化や、労務関係の様々な法律の改正、労働者の意識の変化等により大きく変化しています。
人事・労務管理の専門家である社会保険労務士は、企業様における労務及び労務管理の実態を調査・分析したり、調査結果を踏まえて改善策や合理化を提案したりする「経営労務診断サービス」の提供が可能です。

当事務所では、経営労務診断を実施することで、企業様の経営戦略に沿った人事や、労務管理等をご提案いたします。また、企業様の人事・労務政策に関して抱えている問題点を明らかにした上で、その解決策や改善策をアドバイスします。

こんなことでお困りではありませんか?
こんなことでお困りではありませんか?
  • 企業経営の健全性を広くアピールして、自社の信頼性を高めたい。
  • 人事・労務管理の課題や改善点を把握して、快適な職場環境を作りたい。
  • 取引先企業の企業情報を確実に把握したい。

世間では、企業の経営に関して「ブラック企業」や「ホワイト企業」なる言葉が独り歩きしています。その挙句、どちらでもない「グレー企業」なる言葉も現れる始末です。
一種の風評といえども、昨今のCSR(企業の社会的責任)の高まり、採用活動やお得意先への影響を考えますと看過することはできません。
そこで一度、貴社の労務管理の状況を、第三者の視点を入れた上で棚卸しされてはいかがでしょうか?

経営労務診断サービス

社会保険労務士による「経営労務診断サービス」を、ぜひご活用ください。

経営労務診断サービスでは、企業の労務マネジメントに関わる基本規定(就業規則、組織規程等)、労使協定、法定帳簿及び基本的数値情報(平均勤続年数等) に関する診断項目について、原則として毎年1回、確認・診断を行います。また、法令順守だけでなく、経営理念や中期経営計画等の基本方針に関しても確認。その上で、制度運用上の問題点や、違法とはならないまでもリスクが大きいと考えられる点について、改善策の提言を行います。

その結果、法令にかかる部分(必須項目)をクリアした場合、パートナーである社会保険労務士の電子署名を付して、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が運営する「サイバー法人台帳ROBINS(※)」に掲載することも可能です。

(※)「サイバー法人台帳ROBINS」とは、インターネットにおいて、信頼性の高い基本的な企業情報(名称、住所、URL、メールドメイン等)を提供するデータベースです。

企業におけるメリット
  • 労務管理の健全性をアピールすることにより、ビジネス展開において企業の信頼性の担保を図ることができます。労務管理の健全性をアピールすることにより、ビジネス展開において企業の信頼性の担保を図ることができます。
  • 人事・労務管理の専門家である社会保険労務士による確認・診断を毎年受けることにより、法改正等に伴う規定変更の必要性等、適正に法令を遵守しているか定期的にチェックすることができます。人事・労務管理の専門家である社会保険労務士による確認・診断を毎年受けることにより、法改正等に伴う規定変更の必要性等、適正に法令を遵守しているか定期的にチェックすることができます。
  • 優秀な人材確保の観点からも、適正な労務管理に取り組む企業であることのPRに繋がります。優秀な人材確保の観点からも、適正な労務管理に取り組む企業であることのPRに繋がります。
「サイバー法人台帳ROBINS」を閲覧する、求職者や取引先等のメリット
「サイバー法人台帳ROBINS」を閲覧する、求職者や取引先等のメリット

最近では企業の財務状況のみならず、労務管理における健全性をアピールすることの重要性が高まってきています。こうしたことを受けて、優秀な人材を確保する活動の実施やビジネス展開に繋げるためには、企業の信頼性の担保は必要不可欠です。

しかし、これまではホームページにおいて企業情報をただ公表するだけに過ぎませんでした。また、情報の信ぴょう性や鮮度については、閲覧者である求職者・取引先等自身で判断するしかありませんでした。一方、JIPDECが運営する「サイバー法人台帳ROBINS」なら、第三者の視点による企業の信頼性を担保することが可能です。信ぴょう性の高い情報を得たい求職者や取引先と、人事労務管理の健全性を保ちつつ対外的にPRをしていきたい企業側、双方のニーズに応じることもできます。

期待できる効果

中小企業の人事・労務について無料相談受付中!TEL 092-626-8147 電話受付時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせはこちら
pagetop